Politicians and Election, Vote in Freedom, Actively Participate in Democracy, Vote for Change, Online referendum
left right close

Junichiro Koizumi

> Japan > Politicians > Liberal Democratic Party of Japan > Junichiro Koizumi
Junichiro Koizumi is ready for your opinion, support and vote. Vote online NOW!
Jimintō
 
photo 小泉純一郎

小泉純一郎 - for

日本の政治家。 | Japanese politician.
 NO! 小泉純一郎

小泉純一郎 - against

をクリックして、もしサポートしていません。理由を言ってやるがいい。Click, if you do not support Junichiro Koizumi. Say why.

Online election results for "小泉純一郎 " in graph.

graph
Graph online : Junichiro Koizumi
Full functionality only if Javascript and Flash is enabled
> Junichiro Koizumi >

Biography

[+] ADD

JPN:

 

小泉 純一郎(こいずみ じゅんいちろう、1942年(昭和17年)1月8日 - )は、日本の元政治家。国際公共政策研究センター顧問。

 

衆議院議員、厚生大臣(第69・70・81代)、郵政大臣(第55代)、内閣総理大臣(第87・88・89代)などを歴任した。内閣総理大臣の在任期間は1,980日で、第二次世界大戦後の内閣総理大臣としては佐藤栄作、吉田茂に次ぐ第3位。

 

概要

福田赳夫の秘書を経て、1972年の第33回衆議院議員総選挙で初当選し、以来連続当選を果たす。自由民主党では清和会(福田派、安倍派、三塚派、森派)に所属した。また、山崎拓や加藤紘一と「YKK」を結成し、経世会支配からの脱却や党の世代交代を訴え「グループ・新世紀」を旗揚げした。

 

竹下政権にて厚生大臣として初入閣を果たし、宇野政権、橋本政権でも厚生大臣を務め、宮澤政権では郵政大臣を務めた。森喜朗の後任として自由民主党総裁に選出され、2001年(平成13年)4月に内閣総理大臣に就任した。内閣総理大臣の在任期間は1980日で、第二次世界大戦後の内閣総理大臣としては佐藤栄作、吉田茂に次ぐ第3位。2009年(平成21年)の第45回衆議院議員総選挙には立候補せず、二男の小泉進次郎を後継指名し政界を引退した。引退後は、奥田碩、田中直毅らとシンクタンク「国際公共政策研究センター」を設立し、その顧問を務めていた。

 

略年譜

  • 1942年1月8日 - 神奈川県横須賀市に父・純也、母・芳江の長男として出生。
  • 1954年 - 横須賀市立山崎小学校卒業。
  • 1957年 - 横須賀市立馬堀中学校卒業。
  • 1960年3月 - 神奈川県立横須賀高等学校卒業。
  • 1967年 - 慶應義塾大学経済学部卒業。ロンドン大学留学。実父の急死で1969年8月帰国。
  • 1969年12月27日 - 第32回衆議院議員総選挙に自由民主党公認で立候補するも落選
  • 1970年 - 衆議院議員福田赳夫(後に首相)の秘書となる。同い年の同僚に佐藤静雄
  • 1972年12月10日 - 第33回衆議院議員総選挙において自民党公認で衆議院議員に初当選、以後連続当選。飯島勲が秘書となり、二人三脚で進む。
  • 1979年11月 - 大蔵政務次官に就任(第2次大平内閣)
  • 1988年12月 - 厚生大臣に就任(竹下内閣
  • 1989年6月 - 厚生大臣に就任(宇野内閣)
  • 1992年12月 - 郵政大臣に就任(宮澤内閣
  • 1995年9月 - 自民党総裁選に出馬。橋本龍太郎に敗れる。
  • 1996年11月 - 厚生大臣に就任(第2次橋本内閣)
  • 1998年7月 - 自民党総裁選に出馬。小渕恵三、梶山静六につぐ三位。
  • 2000年4月 - 清和会(森派)会長に就任
  • 2001年4月24日 - 3度目の挑戦で、自民党総裁に選出
  • 2001年4月26日 - 第87代内閣総理大臣に就任(第1次小泉内閣)
  • 2001年8月13日 - 首相就任後初の靖国神社参拝
  • 2001年11月 - テロ対策特別措置法を公布
  • 2002年1月29日、田中眞紀子外務大臣を更迭。1月31日まで外務大臣を兼務。2月1日から川口順子環境大臣に交代
  • 2002年9月17日 - 北朝鮮の平壌で金正日総書記と初の日朝首脳会談、日朝平壌宣言に調印
  • 2002年9月30日 - 小泉改造内閣発足
  • 2002年10月15日 - 北朝鮮の日本人拉致被害者5人帰国
  • 2003年1月 - ロシア連邦を訪問
  • 2003年6月 - 有事関連3法を公布
  • 2003年8月 - イラク特措法を公布
  • 2003年9月20日 - 小泉再改造内閣発足
  • 2003年11月19日 - 第88代内閣総理大臣に就任(第2次小泉内閣)
  • 2004年1月 - 自衛隊のイラク、サマワへの出兵を命令
  • 2004年4月 - イラク日本人人質事件。武装集団が「イラクからの自衛隊の撤退」を要求するも拒否。人質3人は後に解放。さらに2人が拉致され後に解放される。
  • 2004年5月22日 - 再訪朝し平壌で金正日総書記と会談。北朝鮮に対する25万トンの食糧及び1000万ドル相当の医療品の支援を表明し、日朝国交正常化を前進させると発表。5人の拉致被害者の家族の帰国を実現。このとき反対派からデマ報道で攻撃されている。
  • 2004年5月28日 - 朝鮮総聯第20回全体大会に対して歴代首相、自民党総裁として初めて祝辞を贈った。
  • 2004年7月、第20回参議院議員通常選挙で自民党が民主党に僅差で敗れる。
  • 2004年9月27日 - 第2次小泉改造内閣発足
  • 2004年10月 - イラク日本人青年殺害事件。イラク聖戦アルカーイダが「イラクからの自衛隊の撤退」を要求するも拒否。人質は殺害された。
  • 2005年3月27日 - フランスのジャック・シラク大統領と首脳会談
  • 2005年4月23日 - 中国の胡錦涛国家主席と首脳会談
  • 2005年4月26日 - 旧首相官邸を改築した新公邸に転居
  • 2005年7月5日 - 郵政民営化関連法案が衆議院本会議で可決
  • 2005年8月8日 - 郵政民営化関連法案が参議院本会議で否決。衆議院解散を閣議決定し、署名を拒否した島村宣伸農林水産大臣を罷免し自ら兼務。同日、憲法7条に基づき衆議院を解散。この解散を「郵政解散」と命名
  • 2005年8月11日 - 兼務していた農林水産大臣の後任に岩永峯一起用
  • 2005年8月15日 - 1995年に発表された戦後50周年の終戦記念日にあたっての村山首相談話を踏襲した首相談話を発表し、第二次世界大戦中に行われた日本のアジア諸国に対する侵略と植民地支配を謝罪
  • 2005年9月11日 - 第44回衆議院議員総選挙において自由民主党だけで296議席、与党で327議席の大勝
  • 2005年9月21日 - 第89代内閣総理大臣に就任(第3次小泉内閣)
  • 2005年10月14日 - 特別国会に再提出された郵政民営化法案が衆参両院の可決を経て成立
  • 2005年10月31日 - 第3次小泉改造内閣発足
  • 2006年6月-政権最後となる訪米を実施。ブッシュ大統領よりテネシー州のエルヴィス私邸を公務として訪問。実質これが首相としての「卒業旅行」
  • 2006年7月15日 - ロシアサンクトペテルブルクサミットにG8各国首脳と共に参加。
  • 2006年7月25日 - 野口英世アフリカ賞の創設を正式に発表。
  • 2006年8月15日 - 終戦の日に靖国神社へ参拝
  • 2006年9月21日 - 自民党総裁任期満了
  • 2006年9月26日 - 小泉内閣が総辞職。内閣総理大臣を退任
  • 2006年12月15日 - 自民党の国会議員らで作る「改革加速議員連盟」の顧問に就任。
  • 2007年9月13日 - 飯島勲が辞表提出。
  • 2008年9月25日 - 次期総選挙に出馬せず、政界引退を表明。
  • 2009年7月21日 - 衆議院解散により議員の地位を失い政界引退。

 

ソース

 

 

ENG:

 

Junichiro Koizumi (小泉 純一郎 Koizumi Jun'ichirō, born 8 January 1942) is a Japanese politician who served as Prime Minister of Japan from 2001 to 2006. He retired from politics when his term in parliament ended in 2009.

 

Widely seen as a maverick leader of the Liberal Democratic Party (LDP), he became known as an economic reformer, focusing on Japan's government debt and the privatization of its postal service. In 2005, Koizumi led the LDP to win one of the largest parliamentary majorities in modern Japanese history.

 

Koizumi also attracted international attention through his deployment of the Japan Self-Defense Forces to Iraq. His visits to Yasukuni Shrine led to diplomatic tension。 with neighboring China and South Korea. Koizumi was the third longest serving prime minister in the history of Japan.

 

source

19th November 08

updated: 2013-04-10

ElectionsMeter is not responsible for the content of the text. Please refer always to the author. Every text published on ElectionsMeter should include original name of the author and reference to the original source. Users are obliged to follow notice of copyright infringement. Please read carefully policy of the site.

If the text contains an error, incorrect information, you want to fix it, or even you would like to mange fully the content of the profile, please contact us. contact us..


 
sone face book 横須賀高校 慶應 経済, london koizumi junichiro and more...
load menu